スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛猫ジローのこと(3)

ジローを保護して、1カ月経った頃のことを書きます。

このころは、もうすっかり元気になって、家中を走り回って、何にでもジャレまくっていました。

       霍ウ縺ウ縺九°繧九ず繝ュ繝シ_convert_20120915174330
       スーパーのレジ袋から飛び出してきたジロー(生後2カ月)

ジローは、特にスーパーのレジ袋が大好きで、袋の中に入って大暴れします。
それから、袋を小さく丸めて投げてやると、上手に前足と口でキャッチします。もっと遠くに投げてやると、ものすごい勢いで追いかけて行って口にくわえて持ってきて、もう一回投げて!という顔をします。
なんだか犬みたいなネコです。
2歳の今でも、レジ袋のシャカッ!という音を聞きつけると、目の色を変えて走ってきます。

もうひとつ、この頃よく遊んだのは、小さなキャットタワーです。
ジローを保護した次の日、近所のホームセンターで買ってきたものでした。

       繧ュ繝」繝・ヨ繧ソ繝ッ繝シ縺ォ蝎帙∩縺、縺上ず繝ュ繝シ_convert_20120930210724
       鼻にシワをよせて、キャットタワーにかみつくジロー(生後2カ月)

買ったばかりの頃は、まだ上手に遊べず、トンネルの中で丸まって寝たりするだけでしたが、やっとこの頃になって、このキャットタワーをフル活用して遊びまくるようになりました。
かじりついたり、よじ登ったり、爪をといだり、穴から出たり入ったり・・・
こんなに遊んでくれるんだから、買ってあげてよかったな~・・・と思いました。

2歳の今では、もう、このタワーはジローには小さくなってしまい、ちっとも遊んでいません。

そのかわり、本棚の上でも、カーテンレールの上でも、どこでもよじ登って遊んでいますが・・・(~_~;)
スポンサーサイト

ネコの陶ビーズ

手作りのネコの陶ビーズを紹介します。

      ネコの陶ビーズ
      ネコの陶ビーズ。タテ穴とヨコ穴を作ってみました。

これは、2.5cm×2.5cm×厚さ6mmくらいのネコの形の陶ビーズです。
先日試しに作ってみたもので、あまり可愛くありません・・・(~_~;)

前回に続き、また昔の話ですが・・・、今度は今から20年前、これまたニューヨークのソーホーで、とってもステキなビーズ屋さんを見つけました。

その店には、変わったトンボ玉や、凝ったインドビーズ、ベネチアビーズ、動物の形をした楽しいメタルビーズなど、見ているだけでワクワクするようなステキなビーズが、あふれる様に詰まっていました。

私は、かわい~!かわい~!と大興奮しながら何十分もアレコレお買い物してしまいました。

現在では、日本国内にも素敵なビーズを扱っているお店がたくさんありますが、その当時、日本には、こんなにオシャレなビーズ屋さんは無かったと思います。

この時買った、ネコの顔の形をしたメタルビーズは本当にユニークで、今でも大切にしています。

今回作ったネコビーズは、そのメタルビーズとは似ても似つかない代物になってしまいましたが・・・

ネコ柄陶ボタン

ネコ柄の手作り陶ボタンを紹介します。

       P9020965_convert_20120925134210.jpg
       手作り陶ボタン。左はシロネコ、右はクロネコ。

これは直径3.5cmの、わりと大きなボタンです。

陶製なので洗濯機では洗えないため、必ず手洗いする、太い毛糸でしっかり編んだカーディガンなどに使います。
また、布製バッグやニットのバッグのボタンにしても存在感があります。

陶ボタンは、落としたりぶつけたりすると割れてしまうことから、あまり実用的ではありませんが、何とも言えない温かみや、やさしい雰囲気があります。

昔、学生の頃・・・今から25年も前ですが、初めてニューヨークに行った時、老舗のボタン屋さんで、陶製のボタンというものを初めて目にしました。
とても素敵なボタンが沢山あって、あれもこれも欲しくて悩みましたが、結局はシンプルで素朴な陶ボタンをいくつか買いました。

今でも、いつか何かに使いたいと思いながら、大事にしまい込んであります(*^_^*)


キャットフード皿

愛猫ジローのために作った、キャットフード皿を紹介します。

       P7290628_convert_20120924170454.jpg
       現在2歳のジローが、毎日使っているキャットフード皿。

これは、ジローの2歳の誕生日プレゼントに作った、キャットフード皿です。

前に使っていたのが、今のジローには小さくなってしまったので、一回り大きく作りました。
(前のは、ジローが4カ月くらいの時に作ったものだったので・・・)

サイズは、直径10.5cm×高さ4cm。
ドライフードを30g~40gくらい与えるのに、ちょうどいい大きさです。(写真は30gくらい。)

器の外側は、安定がいいように、ほぼ垂直に立ちあがっていますが、内側は食べやすいように、お椀のように丸く作ってあります。

釉薬も、ツルっと汚れが落ちやすいものを使っているので、いつも清潔です。

これとおそろいのキャットフード皿を、お向かいのミゥちゃん(2歳)にも、お名前入りでプレゼントしたところ、とても喜ばれました。
(ミゥちゃん自身は、喜んだかどうかわかりませんが・・・)

ジローはというと、この器がかなり気に入っているようです。・・・たぶん=^_^=

愛猫ジローのこと(2)

ジローが小さかった時のことを書きます。

       小さいジロー
       保護してから1週間目の小さいジロー。サカナの形の爪とぎにかじり付いているところ。

このまえ、ジローを保護した日のことを書きましたが、この写真はその1週間後。
目ヤニと鼻水でぐちゃぐちゃに汚れて、すっかり弱ってしまっていたのが、やっと元気になってきた頃です。

それまでは写真なんて撮っている余裕がなく、これが最初の写真になりました。
なにしろ、保護して最初の1週間くらいは、本当にテンテコマイだったのです。

保護した時、ジローは生後約1カ月で、まだ自分では上手に食べたり飲んだりできませんでした。
そこで、ミルクや柔らかい療養食を注射器で与えようとしましたが、食欲がないようで、爪の先ほどしか食べられません。

それでも、根気よく注射器で3時間おきに食べさせていると、食べる量が爪の先ほどだったのが小指の先ほどになり、小指の第一関節ほどになり・・・とだんだん量が増えていき、1週間くらいで自分で器から食べられるようになりました。

食べられるようになると、みるみる元気に動き回ったり、おもちゃにじゃれたりもできるようになりました。

ただ、目ヤニと鼻水とクシャミは止まらず、クシャミをする度にすごい鼻水を飛び散らすので、抱っこしている私のTシャツは、すぐに鼻水だらけになってしまいました。(>_<)

鼻水も大変でしたが、それよりも1番困っていたのは、ジローの口が強烈に臭いこと・・・
強烈に臭い口で体中をなめるので、全身からプンプン臭いが立ち上っていました。
こんなに小さいのに、こんなに臭かったら、大きくなったらどうなっちゃうの~(@_@;)と思いやられました。

でも、1カ月くらい経つと、この臭いも、目ヤニも鼻水もクシャミも、だんだん良くなって、ノミ取りシャンプーで3回くらいシャンプーするとノミもいなくなり、ジローはすっかり健康で清潔な子猫になりました。

そして、どんどんイタズラなワル猫になっていきます=^_^=

そのお話は、またいつか・・・



ネコタイルの時計

ネコタイルの時計を紹介します。

       ネコ時計
                  陶製のネコのタイルを張り合わせた掛け時計。

16匹のネコがぐるりと回りを囲んだ掛け時計です。
タイルの厚みを微妙に変えて、表面に凹凸を出し、表情をもたせています。
茶色っぽく見えるところは、釉薬を掛けず、土そのものの色を生かしています。
サイズは約25cm×25cm、厚み(針含む)約2.5cm。

この時計は、今年の4月20日~6月20日、千葉県匝瑳市の松山庭園美術館で開催された
「猫ねこ展覧会2012」に出品した作品です。

私は、今年初めて出品させていただきましたが、松山庭園美術館では毎年「猫ねこ展」を開催していて、
猫好きの方々で大変にぎわっています。

出品作は絵画が多く、私のような陶芸などは少数派です。

来年は、もっとしっかり構想を練って、力作を出品したい!と思っています。

クロネコのマグカップ

手作り陶器のネコマグカップを紹介します。

       
          クロネコのマグカップ =^_^= シッポが持ち手になってます。

ネコのシッポが持ち手になったマグカップを作りました。
サイズは9cm×12cm×高さ8cm。

私の好みとしては、マグカップの持ち手は、断面が平たい板状で、上の方が幅広く下の方は少し細くなっているのが持ちやすいと思うのですが・・・

このマグカップの持ち手はネコのシッポなので、断面は丸く、しかもシッポの先になる上の方が細くなってしまいました。

そういうわけで、ものすごく持ちやすい!とはいえないマグカップなのです(~_~;)

ゴーヤとミニトマト

昨年から、夏には節電のためにゴーヤのグリーンカーテンを育てています。

草花が好きで、10年以上前からいろいろな花を育てていますが、実は野菜に手を出すのは初めてでした。

             繧ク繝ュ縺ィ繧エ繝シ繝、_convert_20120919000204
                 昨年2011年のグリーンカーテンと愛猫ジロー

グリーンカーテンが必要なのは、西日の当る2階の腰高窓。
窓の下のプランターボックスに、出来る限り大きい(深い)プランター(14ℓくらい)を3つ並べ、1つのプランターにゴーヤの苗を1つずつ植えました。

本当は野菜用の20ℓくらいのプランターに植えたいのですが、窓のプランターボックスというのは、普通はゼラニウムのような花を植えるので、そんな大きなプランターは入らないのです(~_~;)

グリーンカーテンにするのが目的だったので、食材としては全然期待もしないで、昨年5月の初めにゴーヤの苗を植え付けました。
あまり大きなゴーヤがなってしまっても困るな~と思い、アバシゴーヤという10cmくらいの小さい品種を選びました。

ところが、7月初めから9月終わりまで、だいたい1日1個ペースで合計100個くらい収穫できてしまいビックリ\(◎o◎)/!でした。

収穫したゴーヤは、いくつかは友人達にもらってもらいましたが、毎朝毎朝、いろいろな夏野菜やソーセージなどと炒めたりして食べつくしました。
そのおかげか、昨年の夏は元気に過ごせた気がします。


それで、今年もはりきって、グリーンカーテンのためと、しっかり食材にもするためにゴーヤを植え、育てやすいと聞いた「アイコ」というミニトマトまで植えてみました。

       繝医・繝医→繧エ繝シ繝、_convert_20120918163811
                  今年のアバシゴーヤとミニトマト「アイコ」

ところが・・・(>_<)今年は6月に台風が来てしまい、それまでに育った葉っぱが、全部ボロボロに・・・!
なんとか持ち直したものの、スカスカで、グリーンカーテンとしてはちょっと・・・
しかも猛暑続きで、夏のうちから葉っぱが黄色くなってしまいました。

ゴーヤの収穫量も昨年よりは少なく、ミニトマトは甘さはま~ま~ありましたが、皮が硬かった!

でも、ミニトマトは、1つの房に10個以上の実が付いて、薄緑から黄色、オレンジ、トマトレッドまでのグラデーションが美しく、観賞するだけでも充分楽しめました。

今年はちょっと上手くいきませんでしたが、これに懲りず、また挑戦します!

来年もゴーヤとミニトマト、作る気満々です(^◇^)



ネコの一輪ざし

手作りのネコをモチーフにした一輪ざしを紹介します。

 ネコの一輪ざし
                   茶ブチネコの一輪ざし。やさしい表情=^_^=

この一輪ざしは、高さ約11cmほどの小さなものです。
トイレなどのちょっとしたスペースに、ちょっとした草花を生けるのに適しています。

お庭やベランダで草花を育てている方は多いと思いますが、自分で育てた草花はたいてい茎が短くて、小さい(短い)花瓶じゃないとダメなんです。
それで、茎の短い草花のための一輪ざしを作りました。

また、何も生けなくても、ネコのオブジェとして楽しめます。
私の場合は、お客さんがみえる時だけ一輪ざしで、普段はたいていオブジェです。
写真の茶ブチネコの他にも、クロネコ、シロネコなどもいて、並べて飾っています。

ところで、この写真の背景の黄緑は、昨年から始めたゴーヤのグリーンカーテンです。
今年は暑すぎたせいなのか、葉っぱが黄色っぽくなってしまいました。

次回は、ゴーヤのことを書きます。

ネコ植木鉢

手作り陶器の「ネコ植木鉢」を紹介します。

ネコ植木鉢
          白地に茶色いブチネコの植木鉢。ふんばっている感じがカワイイ?


私は草花が大好きで、ハーブ類、ゼラニウム、パンジーなど(手のかからないものばかりですが・・・)1年中何かしら育てています。

もともと陶芸を習い始めたのも、カワイイ植木鉢や一輪ざしなどの花器が作りたかったからです。
今年になってから、「そうだ!ネコの形の植木鉢にしよう!」と思い、ネコ植木鉢を作ることにしました。

写真は茶ブチネコの植木鉢ですが、三毛猫、黒ブチネコ、愛猫ジローのようなタキシードネコなどいろいろ作ってみています。
最初はネコなので4本脚で作ったら、どうしてもガタついてしまって安定が悪いので、仕方なく3本脚にしました。(後ろ足は1本しかないんです・・・)

この植木鉢は、直径約13cm、高さ約10cmで、普通のポット苗がやっと1つ植えられるくらいの小さなものです。大きく成長する草花には向きません。
これから秋冬シーズンには、ミニシクラメンなど植えてみようと思っています。

また、一時的にポット苗の鉢カバーにするのも便利です。
クリスマスシーズンには、ミニポインセチアの苗を買って鉢カバーにしようと、今から楽しみにしています。

愛猫ジローのこと

愛猫ジローを保護した日のことを書きます。

私がネコをモチーフにした陶器を作るようになったのは、このジローがきっかけです。

ジローは、現在2歳1カ月。元気いっぱいのイタズラなワル猫です。
「ジロー」なんていう名前ですが、実は女の子なんですよ。=^_^=

こんなに元気になるなんて、あの時は思いもしませんでしたが・・・

      ジローと私
          現在のジローと私(手)。口元が歌舞伎のクマどりのようで、いかにもワル!


あの時とは、
2年前の残暑厳しい9月6日、側溝にはまって、ボロボロになった、小さな小さなジローを保護しました。
ぐちゃぐちゃの目ヤニと鼻水で、両目も鼻も塞がって、口からとても臭い息をしています。
一瞬、「この子は、元気になれないかも・・・」と思いながら、とにかく大急ぎで動物病院へ駆け込みました。

ぐちゃぐちゃの顔を、先生が上手に拭いてくださると、小さな目が開いて、どうやら目は見えるようです。
すると、こんなに弱った、こんな小さなネコが、すごい迫力で威嚇してきました。
ジローにとっては、死ぬほど怖かったのでしょう。全身の毛を逆立てて、コワイ顔をしていました。

ひとりぼっちで側溝の中にいた時から、ずっと怖かったのです。目も見えず、猛暑の中水も飲めず、やせ細って、ぐちゃぐちゃに汚れて・・・

この時の事を思い出すと、今でも可哀そうで涙が出てきます。


ジローは、体重から生後約1カ月であること、まだ自分で上手に水を飲んだりエサを食べたりできないことがわかり、注射器のようなもので、ミルクと柔らかい療養食を与えるようアドバイスして頂きました。

それから、ジローが小さいので、目を離すと家具の隙間など、どこでももぐりこんでしまい、そのまま窒息してしまうこともあると、病院で小さなケージまで貸してくださいました。ジローは数日、このケージの中か私の膝の上かで過ごすことになります。

その日から、3時間ごとにミルクと療養食に薬を混ぜて注射器で食べさせるという、今思えば相当大変な、ジロー中心の生活が始まりました。


その後、
ジローは少しずつ元気になっていきますが、その話はまたの機会に・・・

ネコ箸置き

はじめまして!URARAです\(^o^)/どうぞよろしく!

初めてのブログでは、手作り陶器の「ネコ箸置き」をご紹介します。

  P7310829_convert_20120912161515.jpg

こんなふうに勢揃いさせたら、なんだかご挨拶をしているみたいだったので、初ブログはこれにしました。

写真前列のネコ達は、ペッタリ伸びたリラックスポーズ、後列はナナメに構えたオスマシポーズ。

箸置きなので、サイズは5.5cm×2.5cm×高さ2.5cmくらいの小さなものですが、1つ1つ手びねりで手間ひまかけて大切に作っています。

モデルは愛猫ジローやご近所のネコちゃん達。ちなみにジローは、前列中央と後列左はしにいる「タキシードネコ」とか「鉢割れネコ」とか呼ばれる(よく見かける)白黒ネコです。

次回は、このジローについて、少しだけ書きたいと思います。
プロフィール

URARA

Author:URARA
はじめまして!URARAです。
ネコと陶芸と草花が大好きで、愛猫ジローや近所のネコちゃん達をモチーフにした、植木鉢や一輪ざし、マグカップ、箸置きなどの陶器を作っています。
手作り陶器や愛猫ジローについて書いてみたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。